ページTOPへ
取引・投資

過去の失敗から振り返る初心者がトレードで陥りやすいミス

どーも!

初心者の皆さん!

消耗してますか!!

 

仮想通貨をはじめたけど、なかなか資産が増えないという方多いんじゃないでしょうか?

周りを見てみると買った銘柄が数倍になって指を加えてみている人も少なくないと思っています。

僕も同じような経験をしていたので、とてもその気持ちはわかります。

 

しかし、焦った行動に出ると逆に痛い目を見てしまうのが仮想通貨の怖いところ。

今回は、初心者の方によく起こってしまいそうな注意すべきポイントに関して書いていきたいと思います。

 

因みに全部実体験をもとに書いています!!!

 

1.高値掴みに気をつけろ!

 

こういうチャートを見たこと無いですか?

 

 

国内の取引所でも海外の取引所でも、チャートが上向きにいきなりドカーンと伸びていることありますよね。

このようなチャートを見たとき、この価格が上昇の流れに乗れば利益を出せるんじゃないか!?

と思って、特に何も考えずに購入してしまった経験ある方いますよね?

 

この後、このチャートがどうなったかを見てみましょう

 

 

うまいこと流れに乗れて、利益を出せたならラッキーですが、

基本的には高値掴みになって、損をすることが多いと思います。

 

また、それなりに流通している通貨なら良いですが、

海外の取引所にあるようないわゆる出来高が少ない通貨だと売るのも大変になります。

 

焦って高値で買ってしまうことは気をつけましょう。資産を減らしてしまうだけになりますよ。

因みに、僕は仮想通貨を始めてから2回ほど経験があります。

 

2.安易な損切りはするな!

高値でつかんでしまった後、購入した通貨が見る見る下がっていくのを見て、

焦って損切りしてしまう経験はないですか?

安易な損切りは、1で書いた高値つかみとの複合で良く陥ってしまうミスになります。

1と少し違うのは、それなりに有名で出来高もそれなりにあるアルトコインでは損切りのタイミングが早いと逆に損をしてしまうパターンです。

 

人気だったり、有名なアルトコインは好材料が出ると一気に価格へと反映されます。

そして、ある価格まで上がった後は、今度は徐々に価格が下がっていきます。

価格が落ちていくのを見て、慌てて、買ったときより安い価格で売ってしまう経験は無いでしょうか。

 

 

有名だったり、人気なアルトコインに関しては好材料が出て価格が上がりきった後、下がっていく傾向がありますが

大体、その後にさらに価格を戻して徐々に上がっていくパターンが少なくありません。

 

(NEO/BTCチャート)

 

ニュースに直ぐ気づいた層が購入して、価格に反応するのが第1波となります。因みにピークに達した後は徐々に下がっていく傾向があります。

その後に、ちょっと時間を置いて気づいた層が、再び通貨を購入していくので、再度価格が上昇する傾向があります。所謂これが第2波となります。

 

人気のアルトコインの場合は1波の価格上昇時に高値でつかんでしまった場合でも、直ぐに損切りをせずに少しタイミングを見てからでもいいかもしれません。

そして、もしその通貨が欲しいのであれば、高値でつかまないように、徐々に下がっているタイミングで購入しましょう。

 

あくまでも有名なアルトコインには2のような傾向が多いという事例なので、必ずしも全てがこの事例に当てはまるわけではないことだけご注意ください。

 

 

今回は初心者がトレードを始めたときに陥りやすいミスを僕の過去の失敗事例を元に書いてみました。

痛い目を自分で体験して学ぶより、歴史から学んだほうが賢いですね!笑

雰囲気でチャートにinするのではなく、考えた上での通貨の購入をオススメします!

 

それでは!

 

 

Twitter:アラタ@仮想通貨な渋谷系ITリーマン

ブログ:渋谷で働く仮想通貨好きITリーマンのブログ

ビットコイン/円レート・チャート

908,079 (-0.92%)

みんなの仮想通貨 公式ソーシャル