GMOコインでテゾス(XTZ)の暗号資産FXとステーキングを開始へ

筆者: ひろぴー

GMOコインがテゾス(XTZ)のステーキングサービスの開始と暗号資産FXへの銘柄追加を発表しました。

テゾスとは、イーサリアムのような分散型アプリケーションのプラットフォームです。2017年にICOを実施し、約261億円を調達しました。

2021年2月25日時点では、時価総額で第32位(約2800億円)にランクインするほどの規模となっています。開発チームには、元ゴールドマンサックスやアクセンチュアのメンバーが揃っています。

2019年には、米国で401kにも追加され、さらにはコインベースで取り扱いが開始されたことで価格が大きく上昇しました。

◆テゾス(XTZ/JPY)週足チャート

参考:テゾス(XTZ)とは|基本情報や特徴を紹介

暗号資産FXへの追加

取扱開始日時:2021年2月24日(水)

対象サービス:暗号資産FX

【取引ルール】
●最小注文数量(最小注文単位)
新規・決済ともに 10XTZ / 回

●最大注文数量
新規・決済ともに 500XTZ / 回(ロスカット時を除く)

●最大取引数量
新規 4万XTZ / 日
(決済注文数量の上限はありません)

●保有建玉上限
買建玉・売建玉各2万XTZ

スプレッドは今のところ4%程度となっています。

テゾス(XTZ)を対象とした「ステーキング」サービスを開始

ステーキングとは、プルーフ・オブ・ステークを採用しているアルトコインの保有者が報酬を得ることができる仕組みです。ビットコインにおけるマイニングやリスクのフォージングに相当するプロセスです。

GMOコインでは、ユーザーがステーキング対象の暗号資産を保有するだけで、ステーキング報酬を受け取ることができます。そのため、自身で特別な手続きをする必要がなく手軽にステーキングに参加できるというメリットがあります。

対象銘柄:テゾス(XTZ)
提供開始日:2021年3月1日(月)予定

ステーキングサービスに関する詳細な条件などは、後日GMOコインのコーポレートサイトで公開される予定となっています。

安心のGMOインターネットグループ
初心者にも安心の取引所!9つの暗号資産で現物、レバレッジ、暗号資産FXが可能。FX取引ツールレベルの高機能で使いやすいスマホアプリ!10種類のテクニカル指標が利用できるチャートにスピード注文も可能◎

※本記事の意見や予測は、筆者の個人的な見解であり、金融商品の売買を推奨を行うものではありません。
投資にあたっての最終決定はご自身の判断でお願いします。

ひろぴー

ひろぴー

CXRエンジニアリングCEOとして金融取引ソリューション企業を経営。投資暦は10年以上。株式投資から開始し、FX、先物、商品まで取引。2014年から仮想通貨に投資を開始。同時に仮想通貨投資のエバンジェリストとして執筆・セミナー活動を開始。FX市場で鍛えた世界の投資マネーの潮流を読み取る分析力を武器に、仮想通貨取引でも高い実績を叩き出す。ビットコインFXブログ(https://bitcoin-fx.jp/)を運営中

関連コラム

ひろぴーの投稿

ひろぴーの投稿一覧へ

ビットコイン/円レート・チャート

主要通貨レート

メデイア・広告掲載について

『みんなの仮想通貨』への広告のお問い合わせ・ご相談、お待ちしております。BTC、ETHでのお支払いも可能です。

お問い合わせはこちら