エンジンコイン(ENJ)が急騰!GMOコインでの取り扱いの他にリリース発表も

筆者: 児山 将

3月3日からエンジンコイン(ENJ)の上昇が目立っています。

その背景には、GMOコインでの取り扱いが発表されたほか、ガス代削減のための2つのソリューションを発表したことがあります。

3月に入ってから、エンジンコインの価格は50円台から160円を超えるまで急騰しました。

◇エンジンコイン(ENJ)

エンジンコインとは

エンジンコイン(Enjin Coin)は、ゲームの開発者に対してブロックチェーンの知識がなくともゲームアイテムなどをトークン化し、自身のゲームに組み込める仕組みを、エンジンプラットフォームを通して提供しています。そして発行されたデジタル資産であるNFT(※Non-fungible token)の購入や、Enjin Coinを裏付けにNFTを発行することが可能です。
※NFT(Non-fungible token)とは、ブロックチェーン上に記録され、固有の値や情報を持った非代替性の権利証のこと。

名称:Enjin Coin
ティッカーシンボル:ENJ
時価総額:1165億円(2021年3月5日時点)
コンセンサスアルゴリズム:Proof of Work
発行枚数:10億枚
24時間売買代金:1300億円程度
売買シェア上位の取引所:バイナンス、アップビット、ビッサム

ノンファンジブルトークン(NFT)向けのスケーリング技術をリリース

3月4日に、スケーリング技術に関する「JumpNet」と「Efinity」 を年内にリリース予定であること発表しました。JumpNetは2021年4月6日に、Efinityは2021年内にリリース予定です。

Efinityはイーサリアムと複数のネットワークを用いたアプローチをとることで、より強固な分散型エコシステムを構築できます。またJumpNetを使用することにより、無料かつ即時にトランザクションの実行が可能になります。

これにより、イーサリアムのようにガス代の高騰で悩まされることは無くなります。

出典:Enjin、ガス代を削減し複数のブロックチェーンに対応する 2つのスケーリングソリューションを発表

エンジンコインは、1月末にコインチェックで取り扱いが開始されてから対BTCで約3倍に上昇しています。

時価総額は、150億円から1165億円へと7倍以上に増加。売買代金も1カ月前と比較すると8倍以上に伸びています。

今後は、アルトコインの取り扱いを積極的に進めているDMM BitcoinやbitFlyerが取り扱いを開始する可能性もあり、目が離せない状況となっています。

安心のGMOインターネットグループ
初心者にも安心の取引所!9つの暗号資産で現物、レバレッジ、暗号資産FXが可能。FX取引ツールレベルの高機能で使いやすいスマホアプリ!10種類のテクニカル指標が利用できるチャートにスピード注文も可能◎

※本記事の意見や予測は、筆者の個人的な見解であり、金融商品の売買を推奨を行うものではありません。
投資にあたっての最終決定はご自身の判断でお願いします。

児山 将

児山 将

みんなの仮想通貨プロデューサー 大学4年時にFXを始め、卒業後は飲食店の店長として勤務するも、相場に関りたくみんかぶに転職。記事執筆とサイトディレクションを担当。2015年より仮想通貨に将来性を感じ、当時1円だったXRPに投資。仮想通貨以外にも株式、FX、商品CFDなど多岐に渡る金融商品のコンテンツを作成。個人投資家との交流に注力しています

関連コラム

児山 将の投稿

児山 将の投稿一覧へ

ビットコイン/円レート・チャート

主要通貨レート

メデイア・広告掲載について

『みんなの仮想通貨』への広告のお問い合わせ・ご相談、お待ちしております。BTC、ETHでのお支払いも可能です。

お問い合わせはこちら