ビットコイン、底打ちか?

筆者: 松田康生

通貨 BTC ETH XRP LTC BCH
価格 6,771,945 498,281 122.5 25,813 66,308

先週金曜日対比

+2.0% +7.1% +1.7% +8.6% +3.3%

5万5000ドル台で反発

週末のBTC相場は下に行って来いの展開。BTCは、金曜日に5万5000ドル(約625万円)台まで下落、今朝方にかけて未だ上値が重いものの、5万9000ドル(約670万円)台を回復した。

金曜日は、未明の米株の下落を機に、BTCは5万5000ドル台まで下落した。同日日中に、元米国務長官クリントン氏が暗号資産に対し懸念を示すも、東南アジア大手銀OCBCが暗号資産取引所の開設検討の報が下支えとなってか、BTCは土曜日にかけて5万8000ドル(約660万円)近辺まで反発した。

土曜日には、ブルームバーグにてウォーラーFRB理事、クラリダFRB副議長、セントルイス連銀のブラード総裁といったFRB高官らの12月会合時にテーパリング加速の議論開始を支持する意向が報じられ、一旦は伸び悩んだ。しかし、決済企業大手社のBTCの分散型取引所(DEX)の事業計画書が公表されると、BTCはじりじりと上昇した。

その後は同水準での乱高下をこなし、エルサルバドルのブケレ大統領によるBTC債発行を元手にした世界初のビットコインシティ発足発表やAVAXの史上最高値更新もあり、今朝方にかけてBTCは5万9000ドル台へと値を伸ばしている。 


【新着・関連記事】
2番底は買い?ビットコインの底打ちは近いか

【FX Coinの新規口座開設は以下の画像をクリック!】
松田康生

松田康生

FXcoinシニアストラテジスト 東京大学経済学部 国際通貨体制専攻 三菱銀行(本部、バンコック支店)ドイツ銀行グループ(シンガポール、東京)を経て2018年7月より現職。 短国・レポ・為替・米国債・欧州債・MBSと幅広い金融市場に精通

関連コラム

松田康生の投稿

松田康生の投稿一覧へ

ビットコイン/円レート・チャート

主要通貨レート

メデイア・広告掲載について

『みんかぶ(暗号資産)』への広告のお問い合わせ・ご相談、お待ちしております。BTC、ETHでのお支払いも可能です。

お問い合わせはこちら