今後に期待できる仮想通貨ではビットコインが一番人気!2番手は意外な結果に

筆者: 児山 将

ここ最近は動きがない仮想通貨市場ですが、今後の主要仮想通貨(BTC、ETH、XRP、BCH)への期待度を、ツイッターでアンケート調査してみました。

ビットコインが圧倒的に人気(約60%)なのですが、半減期後もハッシュレートが安定しています。

出所:coinwarz

今週は週初から上昇しており、需給は良さそうに見えます。

2番手につけたのが、意外なことにリップルで約20%の人が期待しています。年初の価格である20円に近づき、さすがにこのあたりは値ごろ感もあり、買いたいと思っている投資家も多いのかもしれません。また、直近のリップルに関連するニュースは二つありました。

ひとつは、グローバルな送受金プロセスをシンプルにするユニバーサルな送金ID「PayID」の発表。 銀行口座、銀行支店コード、クレジットカード番号などよりも、認識しやすいIDを使用し、あらゆる送金ネットワークでの送受金を可能にできるそうです。送金プロセスを簡素化する送金ネットワークの構築により、世界標準のデジタル決済の導入と普及が加速しそうです。そして、米国の金融犯罪捜査網の要件と金融活動作業部会の勧告の両方に準拠することでグローバル基準を満たすという点も期待値が高そうです。

そして、もうひとつは年内にXRP利用のODL送金サービスを予定しているというもの。 これにより、法定通貨の値動きにほぼ影響されずに、早く安く国際送金を行うことができます。通常、1億円規模の送金をXRPで行おうとすると、市場で買い付けた際に相場が大きく動いてしまいます。ODL送金により、この問題が解決されるでしょう。

なお、現在ODLを利用している金融機関として公表される企業数は20社超。リップルのODLネットワークは、2020年第1四半期に取引高が約3倍に増加しています。

 

堅調なイーサリアムはビットコインキャッシュとほぼ同じ期待値でした。アップデートの遅れが懸念されているのでしょうか。

ビットコインキャッシュは、5月にハードフォークによるアップデートを行ったものの、秋には再びハードフォークによる分裂懸念が高まっていることから嫌気されているようです。

 

GMOコインのアンケート調査によると、リップルの人気に陰りが見えているとの結果が出ていましたが、どうやらそうとも言い切れないようです。

参考:ビットコインの取引動向の変遷をリップルとの比較でご紹介

リップルの売買で人気の取引所!
仮想通貨の関連ニュースや相場分析などの情報を発信するBTCNを運営。リップルとモナコインの取引高がトップレベル!
児山 将

児山 将

みんなの仮想通貨プロデューサー 大学4年時にFXを始め、卒業後は飲食店の店長として働くも、相場に関りたくみんかぶに転職。記事執筆とサイトディレクションを担当。2015年より仮想通貨に将来性を感じ、当時1円だったXRPに投資。仮想通貨以外にも、株式、FX、CFD、商品など多岐に渡る金融商品を取引。サイトでは投資家交流に注力

関連コラム

児山 将の投稿

ビットコイン/円レート・チャート

メデイア・広告掲載について

『みんなの仮想通貨』への広告のお問い合わせ・ご相談、お待ちしております。BTC、ETHでのお支払いも可能です。

お問い合わせはこちら