販売所のスプレッドが意外と狭い交換業者

筆者: ひろぴー

以前、板取引でスプレッドが狭い取引所の話(ビットコインの現物取引、意外な取引所が有利?)を書きました。

取引所では一般的にスプレッドという概念はないため、今回は販売所のスプレッドを見ていきたいと思います。

仮想通貨(暗号資産)の販売所がある主要交換業者は以下の通りです。

・bitFlyer
・Coincheck
・DMM Bitcoin
・TAOTAO
・ディーカレット

これらの交換業者のスプレッドを確認してみたいと思います。

会社名 BTC/JPY ETH/JPY XRP/JPY BCH/JPY LTC/JPY
DMM Bitcoin 5,794 2410 円 2.6 円 - -
GMOコイン 2万9000 円 950 円 2.74 円 1780 円 334 円
ディーカレット 2万3512 円 812 0.8 2234 円 322
Coincheck 6万1700 円 1690 円 1.533 円 2338 円 342 円
bitFlyer 3万0494 円 2313 円 3.08 円 1231 464 円
TAOTAO 3万3908 円 996 円 - - -

なんと、ビットコインのスプレッドでは、DMM Bitcoinが圧倒的に狭くなっていました。2番目に狭いディーカレットの4分の1以下となっています。

そして、Coincheckは広い!ビットコイン1枚買い付けるコストが6%はさすがに高いのではないでしょうか。

こう見ると、販売所でビットコインを買う場合はDMM Bitcoin以外に選択肢はなさそうです。DMM Bitcoinはレバレッジ取引のスプレッド(600円後半)はGMOコイン(500円前後)にやや劣るのですが、販売所では優秀でした。

直近では、GMOコインがアルトコインのレバレッジ取引の銘柄数を増やしたことに対して、DMM Bitcoinでも、レバレッジ取引でベーシックアテンショントークン(BAT)とクアンタム(QTUM)の取り扱いを2020年7月22日(水)に開始することを発表しました。

取り扱い銘柄数での違いは、DMM Bitcoinはネム(XEM)とモナコイン(MONA)のレバレッジ取引が可能で、また対BTCのペアも取り扱いがあるということです。

参考: DMM Bitcoin、レバレッジ取引でステラルーメンとモナコインの取り扱いを開始

XEP/BTCなどは、ひたすら右肩下がりのため、このあたりの銘柄を空売りするために使うという選択肢もありでしょう。

▼リップル(XEP/BTC)週足チャート

 

BAT及びQTUM(レバレッジ)取り扱い決定記念!取引キャンペーン

DMM Bitcoinは、新規レバレッジ銘柄の取り扱いに際してキャンペーンを開始しています。

累計取引高が35万円以上のユーザーを対象に、抽選で100人に1万円がプレゼントされるそうです。

▼キャンペーン概要

期間中、DMM Bitcoinで取り扱いの全仮想通貨を対象に、現物・レバレッジ取引に関わらず、累計取引高が35万円以上のユーザーを対象に、抽選で100人に1万円をプレゼント。

▼キャンペーン期間

6月22日(月)7時00分~9月1日(火)6時59分

▼プレゼントの対象と獲得条件

対象者:全てのユーザー(新規口座開設のユーザーも含む)

投資未経験の方は、仮想通貨に関するコラムが豊富でLINEサポートがあるDMM Bitcoinは安心できるのではないでしょうか。

発注・分析に優れたスマホアプリ
現物、レバレッジ共に売買手数料が無料で、入出金手数料も無料。世界で唯一モナコインのレバレッジ取引ができる取引所
ひろぴー

ひろぴー

CXRエンジニアリングCEOとして金融取引ソリューション企業を経営。投資暦は10年以上。株式投資から開始し、FX、先物、商品まで取引。2014年から仮想通貨に投資を開始。同時に仮想通貨投資のエバンジェリストとして執筆・セミナー活動を開始。FX市場で鍛えた世界の投資マネーの潮流を読み取る分析力を武器に、仮想通貨取引でも高い実績を叩き出す。ビットコインFXブログ(https://bitcoin-fx.jp/)を運営中

関連コラム

ひろぴーの投稿

ビットコイン/円レート・チャート

メデイア・広告掲載について

『みんなの仮想通貨』への広告のお問い合わせ・ご相談、お待ちしております。BTC、ETHでのお支払いも可能です。

お問い合わせはこちら