3月に仮想通貨取引所のレバレッジ取引の調査を行いました。

参考:仮想通貨取引所のスプレッドが狭いのはどこ?

あれから半年が経ち、フォビ・ジャパンと楽天ウォレット、FXcoinがレバレッジ取引に参入。夏には、FXcoinはビットコインのスプレッドキャンペーンとして、500円に。

楽天ウォレットも、ビットコインのスプレッドが200円台、イーサリアムは50円台もあるほど縮小してきています。

これまでは、GMOコイン一強でしたが、それが大きく変わろうとしています。

主要仮想通貨取引所のスプレッドをご覧ください。

取引所BTCETHXRPBCHLTC
楽天ウォレット361 円55 円0.074 円87 円20.3 円
DMM Bitcoin792 円393 円0.265 円248 円51.9 円
GMOコイン282 円236 円0.168 円160 円44 円
TAOTAO1053 円100 円0.183 円47.4 円176 円
Huobi Japan593 円----

ビットコインは、これまで通りGMOコインが安定的に狭いスプレッドを提供しています。ただ、他のアルトコインは、楽天ウォレットが優秀なスプレッドとなっています。

レバレッジ取引のスプレッド縮小キャンペーンの影響もあるのですが、10月1日まで建玉管理料も無料なので、取引コストは大きく下がりそうです。

では、GMOコインとDMM Bitcoinで取引できるマイナー仮想通貨のスプレッドも見ておきましょう。

取引所XLMXEMBATQTUMETCMONAOMG
DMM Bitcoin0.085 円0.244 円2.114 円21.778 円5.8 円8.704 円-
GMOコイン0.084 円0.192 円0.4 円---5.93 円
参考価格8.3円10.63円26.3円283.3円538.4円132円340円


こちらは、GMOコインの方が狭くなっています。

しかし、メジャーな仮想通貨と違いスプレッドが広く、価格に対して1~3%程度となっていますね。

まだまだアルトコインを販売所方式のレバレッジ取引で短期売買を行うのは難しそうです。


まとめると、ビットコインの取引はGMOコイン。

主要アルトコインを取引するのであれば、楽天ウォレット。

多くのアルトコインも売買するのであれば、GMOコインということでしょうか。

ただ、楽天ウォレットはレバレッジが2倍のため必要資金は多くなってしまいます。

ここ数カ月で、マネックス証券とSBIFXトレードが仮想通貨CFDをリリースしており、ここから急速にスプレッド競争が進みそうな気がしますね。