DMM Bitcoinの評判とメリット・デメリット

筆者: 千歳悠

出所:DMM Bitcoin

DMM Bitcoinは、暗号資産販売所サービスを提供している事業者であり、金融庁の認可(関東財務局長00010号)を受けています。サービス開始日は18年1月11日で、現在も人気の高い販売所の一つとなっています。

DMM Bitcoinの親会社は、証券取引や映像配信サービス、太陽光発電など非常に幅広い事業を行うDMM .comです。暗号資産市場への参入は早くはなかったものの、人気タレントを使ったプロモーションなどで着実に新規顧客を獲得しているようです。

そんなDMM Bitcoinは実際どののような評判なのか、多くの投資家が気になりますよね。

今回は、DMM Bitcoinの評判やメリット・デメリットについて詳細に触れていきます。

DMM Bitcoinとは

DMM Bitcoinは DMM.comを親会社に持つ暗号資産交換業者です。金融庁からの暗号資産交換業の認可については、旧サービス名である東京ビットコイン取引所であった時に取得しており、17年の12月12日に社名変更しDMM Bitcoin という名称になりました。

取り扱い暗号資産は全部で11種類ですが、現物取引ができるのはビットコインとイーサリアム、リップルの3つの暗号資産、4銘柄です。詳しくは以下の表をご覧ください。

◇DMM Bitcoinの取扱い銘柄

銘柄/取引方法

現物取引

レバレッジ取引

ビットコイン

ビットコインキャッシュ

×

イーサリアム

イーサリアムクラシック

×

ネム

×

リップル

ライトコイン

×

モナコイン ×
ステラ ×
クオンタム ×
ベーシック・アテンション・トークン ×

 

日本の取引所のなかでもアルトコインのレバレッジ取引をできる取引所は限られており、これがDMM Bitcoinの魅力の1つとなっています。特にモナコイン(MONA)のレバレッジ取引ができる唯一の取引所となっています。

レバレッジ取引の倍率は、国内で4倍までという業界ルールがあります。レバレッジ取引は少ない証拠金であっても、大きな金額での取引が可能となるというものです。例えば、100万円であれば最大で400万円までの取引が可能となり、購入と売却時の差額によって利益及び損失が決まります。少ない証拠金で大きな金額を取引ができるという点がメリットと言えます。もちろん、倍率が大きくなれば損失も大きくなるという点には注意が必要です。

取引方式は販売所

DMM Bitcoinの取引方式は販売所であることから、一般ユーザー同士で売買をするのではなく、ユーザーは運営主体であるDMM Bitcoinと直接取引をすることになります。

参考:ビットコインはどこで買うの?「取引所」と「販売所」の違い

 

販売所の場合は、最初から販売所が暗号資産の価格を決めており、その値段に従って購入や売却を行う必要があります。取引所形式と比較した場合、販売所形式のサービスは初心者でも安心して売買が行えることが魅力だと言えるでしょう。

DMM Bitcoinの評判と見解

まずはTwitter上のコメントを見てみましょう。

セキュリティーに生体認証があるとか凄いですね。

取引ツールの評価も良さそうです。

スマホアプリはDMMFXを踏襲しており、見やすく使いやすい操作性のよう。

LINEの顧客サポートも良いらしいです。

Twitter 上の良い評判では、生体認証を含めたセキュリティーの高さ、ツールやアプリの使いやすさ、アルトコインのレバレッジ取引やサポートについて評価されているものが多くありました。親会社である DMM.comの信頼性やFX事業のノウハウがあることから、顧客に対して満足度の高いサービスを提供していると言えるでしょう。

悪い評判もあります↓

送金が遅いのでアービトラージには不向きですね。

約定力が悪いという意見もあります。

スプレッドの広さは、Twitterコメントの中でも目立つものがありました。

これらをまとめると、あまり良くない評判のなかには、顧客対応の遅さやスプレッドの広さについて言及されており、トレードにおいて大きなデメリットを感じるという意見も見られました。

約定力スピードは早いとは言いがたい部分もあります。特にレバレッジ取引などを行う場合は、前もって約定にある程度のタイムラグがあることに注意が必要です。

また、暗号資産の送付に関して数時間を要することも少なくないでしょう。

これは、DMM Bitcoinのウォレットは社内サーバーによって管理されており、送金の承認を複数人で行ったり、毎日決まった時間にしか承認作業を行っていないであろうことが時間を要する原因であると考えられます。

出所:DMM Bitcoin

これは暗号資産の送金を行わないユーザーに取っては、問題なくむしろセキュリティー面で安心できる点ですね。

 

実際に筆者が使用してみたところ、DMM Bitcoin は2段階認証やサイトの暗号化を行う SSL の導入など生体認証なども含めたうえでセキュリティーの高さには不安はありませんでした。また、サーバーが落ちる、断続的にアクセスが難しくなるなどのシステム的な不安もほとんどないと言えます。

取引ツールに関しては、スマホアプリが見やすく、暗号資産の値段や取引の値がすぐに反映されるほどスピーディーでした。

 

暗号資産取引において、ある程度の信頼性を持つ交換業者を使用したい場合は、DMM Bitcoinも1つの選択肢に入ると言えるでしょう。

DMM Bitcoinのメリット

次に筆者が思うメリットを重要度の高い4つにまとめてみました。

1.取引ツールとアプリが使いやすい

親会社であるDMM.comは金融事業としてに株式取引やFXを展開しています。FXの口座数は2018年末時点で国内トップと大きな成功を収めています。このノウハウをDMM BitcoinのPCツールやアプリにも反映されており、非常に画面が見やすく使用しやすい設計がされています。

◇PC取引ツール

取引画面が見やすくチャートの動きなどもすぐに追いかけることができるため、初心者だけでなく、上級者にもおすすめできる機能だと言えます。

DMM Bitcoinのスマホアプリ

アプリに関しては、過去のチャートのデータだけでなくトレンドまで含めた上で今後の値動きを予測するテクニカル指標も実装しています。

また、必要な画面だけを表示することもできるため、カスタマイズ性にも優れています。

2.セキュリティーがしっかりしている

DMM Bitcoinでは、コールドストレージによるオフラインの資産管理、2段階認証、 S S L 暗号化通信などセキュリティーに対して非常に力を入れています。特にコールドストレージによるオフラインの資産管理と顧客の資産と事業者の資産を分けることによってハッキングなどの被害を最小限に抑えることが可能です。

出所:DMM Bitcoin

また認証方法は、Android では指紋・顔認証を行うことが可能であり、専用のアプリが必要となるもののより高いセキュリティーを提供していると言えるでしょう。

3.アルトコインが豊富でレバレッジ取引が可能

ビットコイン以外のアルトコインを10種類取り扱っており、イーサリアムとリップル以外はレバレッジ取引のみで取引が可能となっています。

しかし、レバレッジ取引のみでもアルトコインの取引ができる国内事業者は少なく、 DMM Bitcoin においては、人気通貨であるリップルやイーサリアム、モナコインにBATなども取り扱っています。

なお、レバレッジ取引の倍率は4倍となっています。

4.土日祝も含めた365日対応サポート!

顧客のサポートに関しては、土日、祝日を含めた365日対応しています。 DMM Bitcoinの公式ページから直接問い合わせることも可能であり、 LINE を使用したトラブルや質問の受け答えも行っていることから、気軽に質問することが可能です。 

公式サイトの申し込みフォームを介さずに手軽に質問できることは手間が掛からずに良いですよね。

デメリット

良い面があれば、悪い面もあります。

こちらはスプレッドの広さと送金時間の2点を取り上げました。

1.レバレッジ取引のスプレッドがやや広い

暗号資産のスプレッドは、販売所独自に設定されている隠れた手数料ともいえる取引コストであり、購入価格と売却価格の差のことを表します。例えば、購入価格と売却価格に数万円の差があれば、その額がスプレッドであり、場合によっては数万円以上の差があることも少なくありません。

 

また、DMM Bitcoinのスプレッドは以前よりも狭まったものの、他社の縮小ペースが早く、広く見えるというような状態です。

もっとも、販売所を経由して暗号資産を購入することによる安心感があります。スプレッドに関しては、販売所形式で売買をする場合は必ず発生するものです。そのため、取引をする場合はスプレッドがどれ程の広さとなっているのかよく確認する必要性があります。

 

以下の表は、 DMM Bitcoinとよく比較されるGMOコインのスプレッドと比較表にしたものです。

現物取引であればDMM Bitcoinの方が割安ですが、レバレッジ取引であればGMOコインの方が総じて安くなっています。

販売所で取引を行う場合、現物取引であれば、DMM Bitcoin。レバレッジ取引であればGMOコインと言えますね。

 

2020年9月7日時点のDMM BitcoinとGMOコインのスプレッド(対日本円)

銘柄 DMM Bitcoin GMOコイン
ビットコイン 756円 270円
イーサリアム 374円 220円
リップル 0円 0円
ビットコインキャッシュ 240円 156円
ライトコイン 51円 42円
イーサリアムクラシック 6円 -
ネム 0円 0円
モナコイン 8円 -
ステラ 0円 0円
クオンタム 20円 -
ベーシック・アテンション・トークン 2円 0円

2.送金に時間が掛かる

DMM Bitcoinの暗号資産の送金スピードは早いとは言えなさそうです。

例えば、 GMOコインなどではほぼ即時反映される送金処理が DMM Bitcoinでは3営業日内となっており、かなり送金時間に違いなあることが分かります。

これは、コールドをウォレットから暗号資産を引き出して、複数人の承認を行っていることが原因でしょう。

Twitterには、なかなか辛辣なコメントが......。

 

また、顧客サポートは365日対応しているものの、19年2月時点では毎週水曜日は必ずトレードできないメンテナンス時間が発生してしまうことも難点です。

相場急変時には約定力に不安もあるようです。

 

スプレッドが広い点も挙げられますが、流動性が低いので交換業者としても難しい課題と言えそうですね。

くわえて、トレードできない時間に関しては、 DMM Bitcoin に預け入れている暗号資産を移動させることができず売却や購入を行うこともできません。

そのため、市場の急激な変化に対応できない時間帯があることをもデメリットと言えるでしょう。

まとめ

DMM Bitcoinの評判と実際のところをまとめると以下となります。

  • 交換所としての信頼性は高く、取引ツールは使いやすい
  • レバレッジ取引のスプレッドは広く、送金も遅いので少額取引で使うには難しい
  • 現物取引のスプレッドは狭い

 

今後、ユーザー数や取引量が増えれば増えるほどスプレッドは縮小傾向になると思われます。

そうなった時に、取引ツールが使いやすいDMM Bitcoinを選ぶメリットは今よりも高くなるのではないでしょうか。

発注・分析に優れたスマホアプリ
現物、レバレッジ共に売買手数料が無料で、入出金手数料も無料。世界で唯一モナコインのレバレッジ取引ができる取引所
千歳悠

千歳悠

2015年から兼業ライターとして活動。仮想通貨に出会ったのは2017年5月からで、現在では金融・IT・ビジネスを得意とするライターとなる。客観的に物事を見たうえで、難解で分かりにくいものをわかりやすく伝えることを心掛けている。 趣味は、読書と体力作り。興味があれば何でも読む。

関連コラム

千歳悠の投稿

千歳悠の投稿一覧へ

ビットコイン/円レート・チャート

メデイア・広告掲載について

『みんなの仮想通貨』への広告のお問い合わせ・ご相談、お待ちしております。BTC、ETHでのお支払いも可能です。

お問い合わせはこちら