執筆者紹介

鳳ナオミ

鳳ナオミ

大手証券アナリストとして10年以上経験後、リスクモデルを駆使する絶対収益追求型運用(プロップ)に従事、ボトムアップとトップダウンアプローチを得意とし年平均+15%以上のリターンを実現。その後オルタナティブ投資、ファンド組成、企業再生に取り組むなど多岐に渡る金融経験を持ち、現在はクリプトの世界に。日本初のデジタルマネー格付け及びインデックスを提供する「JDRpro.」の運用責任者も務める。

鳳ナオミ 記事一覧

  • 地政学的リスク顕在化で、株式に連動したビットコイン

    鳳ナオミ
    22/02/25 (金) 18:30

    JDR.株式会社配信の、暗号資産市場レポート2/26号になります。2022年2月第4週はウクライナ情勢の緊迫化と侵攻の現実化によって、売り方の買い戻しが見られました。伝統的マーケットでは反発がありましたが、ビットコインやイーサリアムでは下値を伺った格好に止まり、USTのみが30%もの上昇を記録しました。今もなお世界的に緊張が走っていますが、暗号資産市場にはどのような独自ニュースがあったのか一緒に確認していきましょう。今後の資産運用体制を見極める一助となるはずです。

  • 実質的には資金流出してない暗号資産ファンド

    鳳ナオミ
    22/02/18 (金) 18:00

    JDR.株式会社配信の、暗号資産市場レポート2/19号になります。2月第3週の暗号資産市場は、ウクライナ情勢の緊迫などによりリスクオフムードとなったことで、株式市場などと同じく同じく大きく値を崩していく展開になりました。一方でデジタルユーロやデジタル人民元などのCBDC関連のニュースや、暗号資産投資へ前向きな姿勢を示すニュースも多くあった独特な週でした。それでは一緒に詳しく振り返っていきましょう、

  • ~暗号資産は、ひとをどう幸せにするか?~

    鳳ナオミ
    22/02/12 (土) 15:32

    2022年2月第2週(2/5~2/10)の暗号資産売買マーケットは、全般的に上昇基調に転じ、特に、時価総額トップのビットコイン(ティッカー:BTC)の価格は、一時4.5万㌦超をつけ、年初以降の下落幅をほぼ帳消ししています。(2021年末は約4.6万㌦)。

  • ステーブルコインの期待と不安、テザーなど現状ステーブルは消滅の危機???

    鳳ナオミ
    22/02/04 (金) 20:00

    JDR.株式会社配信の、暗号資産市場レポート2/5号になります。2月第1週はジリジリと上昇していく動きを見せたビットコインですが、その勢いは弱くなかなか跳ねることがありませんでした。アルトコインも一様に弱い動きを示しており、相場全体で下値を探る様子だったことが伺えます。さて、そんな第1週にはどのようなマーケットニュースがあったのか見ていきましょう。

  • 2月はインフレに関連する米国経済指標の発表、北京五輪に係るデジタル人民元(CBDC)の詳細などが焦点

    鳳ナオミ
    22/02/01 (火) 17:30

    2022年2月の暗号資産関連注目タイムテーブルをJDR.の運用責任者である鳳ナオミ氏が紹介します。

  • ドミナンスがボトムアウト、方向感が見えてきたビットコイン

    鳳ナオミ
    22/01/28 (金) 19:38

    JDR.株式会社配信の、暗号資産市場レポート1/29号になります。2022年第4週の暗号資産市場は、全面安でした。FOMCを受けての、方針不透明感や金利先高観が株式市場だけでなく、近頃連動を強めている暗号資産マーケットも覆い、株式市場ほどではありませんが落ち着いた値動きを見せています。そんな暗号資産市場では、具体的にどのようなニュースがあったのでしょうか。

  • 暗号資産マーケットの指標とは?ビットコインでいいの?

    鳳ナオミ
    22/01/22 (土) 19:27

    2022年1月第3週(1/15~1/21)の暗号資産売買マーケットは、全体的に下値模索が続いていましたが、週末にかけ時価総額トップのビットコイン(ティッカー:BTC)が直近安値を更新する展開となっています。アルトコイン(ビットコイン以外の暗号資産)の代表格であるイーサリアム(ティッカー:ETH)も、同じく大きな調整を強いられています。

  • BTCの1-3月の価格見通し、下値のめどは?

    鳳ナオミ
    22/01/14 (金) 18:00

    JDR.株式会社配信の、暗号資産市場レポート1/14号になります。1月第2週は、年末から調整に入っていたビットコインが変わらず底値を探っている格好でしたが、仮想通貨市場全体を通して不安定な相場が続くことになり、メタバース関連銘柄も下落を見せました。しかし、ニュースとしては相変わらず景気の良いものも多く、市場全体への視線は悲観されるような類ではないような感じです。さて、具体的にどのようなニュースや動きがあったのか、一緒に見ていきましょう。

  • 2022年1月の暗号資産注目タイムテーブル|2022年の総まとめを中心に

    鳳ナオミ
    21/12/29 (水) 15:00

    2022年1月の暗号資産関連注目タイムテーブルをJDR.の運用責任者である鳳ナオミ氏が紹介します。

  • 2021年を振り返らずに2022年は見えない

    鳳ナオミ
    21/12/24 (金) 21:30

    JDR.株式会社配信の、暗号資産市場レポート12/24<年末年始合併>号になります。12月第4週の暗号資産マーケットは、新型コロナ変異株への懸念後退を背景に株式などが上昇したことを受けて暗号資産も連れ高となりました。ニュースとしてもETFを諦めない姿勢などが見え、業界全体が強気である印象を受けます。さて、そんな今回は年末年始合併号ということで2021年の暗号資産市場を一緒に振り返っていきましょう。

  • ビットコインドミナンスを見ずに語れない未来とは

    鳳ナオミ
    21/12/17 (金) 19:50

    JDR.株式会社配信の、暗号資産市場レポート12/18号になります。12月第3週はメインのビットコインが狭いレンジを上下する相場に終始し、その他アルトコインについても目立った動きはありませんでした。しかし、CPIの発表やFOMCでのテーパリング加速決定などの重要なイベントや、興味深いニュースは多くありました。それでは、共に振り返っていきましょう。

  • なぜ下がった?ビットコイン特有の需給、ハッシュレートにヒント

    鳳ナオミ
    21/12/10 (金) 19:00

    JDR.株式会社配信の、暗号資産市場レポート12/11号になります。12月第2週は下げ相場でビットコインに至っては42000ドルあたりまで価格が落ちました。インフレの不透明感や新型コロナへの警戒などから落ちたように思われていますが、価格の復帰具合も重苦しいものがあります。とはいえ、暗号資産市場のニュースは輝かしいものも多く、悲観しすぎるには早いようにも思えます。さて、具体的にどのようなニュースがあったか共に振り返っていきましょう。

  • あのテスラやソフトバンクと遜色ないビットコイン

    鳳ナオミ
    21/12/03 (金) 18:00

    JDR.株式会社配信の暗号資産市場レポート12/3号になります。12月第1週は新型コロナウイルスのオミクロン株の検知が報道されてから金融市場全体が影響を受け、株式と仮想通貨の両市場で価格が下がっていくこととなりました。しかしニュースとしては各種ETF、ETP、投資信託の上場や申請が発表されるなど明るいものも多く、ジャック・ドーシー氏がTwitterのCEOを退任した等の話題も出ました。相場の悲観的なムードに対して明るいニュースが多かった前週、他にはどのような報道があったのか見ていきましょう。

  • 12月の暗号資産注目タイムテーブル|米SECによる暗号資産公開討論会、テーパリング動向など

    鳳ナオミ
    21/12/02 (木) 14:00

    12月の暗号資産関連注目タイムテーブルをJDR.の運用責任者である鳳ナオミ氏が紹介します。

  • ミームではない、メタバースの実現性と暗号資産

    鳳ナオミ
    21/11/26 (金) 16:50

    JDR.株式会社配信の、暗号資産市場レポート11/27号になります。11月第4週の暗号資産市場はビットコインが狭いレンジで動く相場となっており、底値を探る向きが見られました。しかしその他アルトコインの中には独自の動きを見せるものもありました。一方、メタバースが話題になったことで日米の株式市場で関連銘柄に買いが集中する様子も見られました。暗号資産でも同じく関連銘柄が大きく上昇しました。さて、そんな第4週ですが一体どのようなニュースがあったのか振り返っていきましょう。

  • ~アメとムチにゆれるビットコイン!次はどっち?~

    鳳ナオミ
    21/11/24 (水) 11:08

    11月第3週の暗号資産売買マーケットは、ビットコイン(ティッカー:BTC)、アルトコイン(ビットコイン以外の暗号資産)に関わらず、全面安の様相を呈しました。第2週には史上最高値更新が相次ぎましたが、地合いは一転して悪化しています。

  • ~ビットコインが株式と同居し始める日~暗号資産マーケットウォッチ・Weekly(11/13号)

    鳳ナオミ
    21/11/12 (金) 18:00

    JDR.株式会社配信の、暗号資産市場レポート11/13号になります。ビットコインが上昇した後、他アルトコインにそこまで影響が出なかった中、イーサリアムが続伸し結果として仮想通貨市場全体の時価総額が3兆円にまで膨れました。さらにビットコインはテスラやフェイスブック(現: メタ)の時価総額を抜き、仮想通貨が伝統的なマーケットに比肩するほどの資産となったように見受けられました。さて、そんな今週ですがどのようなニュースがあったのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

  • リップル、イーサリアムがビットコインを抜く日

    鳳ナオミ
    21/11/05 (金) 19:00

    JDR.株式会社配信の、暗号資産市場レポート11/5号になります。ETHが先んじてATH(史上最高値)をまたもや更新しましたが、来週はBTCがどういう動きを見せていくのかという点が注目となる週になりそうです。一方ETHは12月にまたアップデートを控えているため、こちらも同様に目が離せません。さて、今週の暗号資産市場はどのような反応を見せて、どのようなニュースが出てきたのでしょうか。

  • 11月の暗号資産注目タイムテーブル

    鳳ナオミ
    21/11/02 (火) 14:32

    11月の暗号資産関連注目タイムテーブルをJDR.の運用責任者である鳳ナオミ氏が紹介します。

  • 芝犬VS柴犬の行く末は?~暗号資産マーケットウォッチ・Weekly(10/30号)

    鳳ナオミ
    21/10/29 (金) 19:00

    JDR.株式会社配信の、暗号資産市場レポート10/30号になります。ビットコイン先物ETFの承認があって全面的に高騰した仮想通貨市場でしたが、今週はフラッシュクラッシュを契機に勢いを落とし価格が落ち着きました。しかしアップデートを済ませたETHやその他Memeコインは強い上昇を示しました。そんな今週を共に振り返りましょう。

ビットコイン/円レート・チャート

主要通貨レート

メデイア・広告掲載について

『みんかぶ(暗号資産)』への広告のお問い合わせ・ご相談、お待ちしております。BTC、ETHでのお支払いも可能です。

お問い合わせはこちら